今日は消費者金融のアコムに関して、記事を書いていきます。参考になるかならないかは、皆さんの価値観次第ではありますが、これから、アコムの審査のポイントを書いていきます。

 

現代社会は、お金の借り入れ申し込みもネット環境が整っていれば、日本全国どこからでも申し込む事が可能です。

20年前なら若い女性はお金を借りたくても、消費者金融の店舗の近くまで行って帰ってきてしまうケースがありました

それだけ消費者金融の門を叩くと言うのは、若い女性に取っては敷居が高く精神的プレッシャーが大きすぎたと言う事が間違いなく言えます。

 

ネット申し込みの普及によって若い女性層が一気に動き出しました。ネット申し込みなら、店舗に行く必要はありませんからね。現在有人店舗はかなり激減しています。無人店舗が殆どです。

 

朝会社に行く前に申し込んで、昼休みには指定の口座にお金が入っている。何とも便利な時代になりました。

 

これはアコムを含む大手消費者金融を筆頭に、今では標準サービスになっています。裏を返せばこのサービスが出来ない消費者金融は、淘汰される可能性が高いと言う事です。

 

現状大手消費者金融はこの振り込みサービスを全社行っています。大手とは、アコム・アイフル・プロミス。・モビットの事を指しています。レイクが銀行系になったので現状大手消費者金融はこの4社になります。

提出書類の種類でも審査に影響が出る?!

皆さん、消費者金融を使った事がある人も、これから使う人もいると思います。ここで審査を受ける際に提出する身分証明証で審査結果に大きく影響する物が存在するのをご存じですか?

一般的に身分証明証の提示を求められた際に真っ先に出すのは、運転免許証が圧倒的に多いと思います。携帯ショップで機種変更する時などは、まず間違いなく運転免許証を提出(見せる)しますよね。

 

携帯ショップの店員さんからすれば、運転免許証が1番出してもらいたい、身分証明証ですから、ここは相思相愛と言った所です。顔を確認出来る身分証明証が相手側からすれば見たいので、1番身近なものだと、運転免許証に自動的になります。運転免許証を持ってない人も当然いますから、その時は住民基本台帳やパスポートで問題はないでしょう。

携帯電話の話はこの辺りにしておいて肝心要のアコムでお金を借りる際にどの身分証明証を提出すれば良いのか?運転免許証でもいいですが、それにプラスして、社会保険証を提出すると心証が非常に良くなります。

 

申し込みした際に会社の入社年月日を偽っていない限り、かなり優遇されます。

どうしてか?社会保険証には資格取得年月日が記載してありそれが入社日になります。つまり、先に書いた(入力した)内容と完全に一致します。この為信用度が一気にアップします。社会保険証を持っている人なら出さないと勿体ないです。如何せん、社会保険証を出さなければ30万円の融資だった所が、社会保険証を見せた途端50万円に引きあがる事はよくある事です。

社会保険証と国民健康保険証の大きな違い

国民健康保険証に資格取得年月日の記載はありますが、社会保険証と違って、入社年月日の日付ではありません。その為、国民健康保険証では大幅プラス材料にはならないのです。

 

会社で働いていれば、社会保険証を会社から渡されると思いますが、中には社会保険に加入していない会社もあります。働いて、給料は貰っているのに、社会保険証は持ってない。

 

別に国民健康保険の代金を納めていれば全く問題はありませんが、アコムを含む消費者金融では、社会保険証の存在が非常に大きい為、国民健康保険証はほとんど加点材料がありません。

社会保険証と国民健康保険証

本来の使い道は病院を受診した時です。しかし、今では消費者金融でお金を借りる為の身分証明証になっています。特に社会保険証はその効力が大きい為によく使われています。

 

社会保険証は持っているのとそうでないのとでは、雲泥の差です。仕事はお金を借りる為にする訳ではありませんから、別に国民健康保険証でも社会保険証でも病院での会計は3割です。

 

しかし、これがお金を借りる切り札として使えます。誰だって少しでも多くお金を借りたいですよね。堅実派の人は丁度良い金額で良いわけですが、この際多めに借りたいと言う人には社会保険証は大きな追い風になります。そうは言っても借金が増えるにつれて社会保険証の効力も薄れてきます。適度な借金にしておくのがベストです。

顧客属性

保険証1つでこんなに大きく変わりますが、実は消費者金融はお客さんを職業別に属性と言うもので分けています。

 

当然、属性が高い方が信用力は高いです。社会的信頼度の高い人が属性ではピラミッド状になっており、社会的信用度の高い人が上で信頼度が低い人が下になります。

 

気になる属性の高い順は、弁護士・医師・国家公務員・地方公務員・上場企業社員・非上場企業社員このような順番がついています。流石に私が在籍した4年間で弁護士さんがお金を借りに来た事はなかったです。弁護士さんならかなり優遇措置になったと思います。お医者さんはインターン(研修医)のお医者さんがたまに借りにくる程度でした。流石に属性が高いとお金をしっかり返してきます。

 

この属性に載っていない職業がありますが、かなり属性の悪い職種がありその職種は水商売です。別に仕事を否定している訳ではないのです。水商売の方は毎月の給料の波が激しいのです。

80万→15万→30万と直近3か月の収入だった場合、収入認定は15万円で行います。これが80万→80万→15万ならそれでも30万です。収入認定として審査に持っていく金額はそうなります。

属性と社会保険の絡みで審査が複雑になっていくケースもあります。社会保険証と言うのは印籠の様なものです。普通のお客さんに出されたら頭が高い!!と言われている様なものです。しかも他社借り入れがなかったら、超優良顧客にしなければいけません。アコムの審査はどちらかと言うと甘いと言われていますが、決してそんな事はありません。

 

キチンと同業他社が行う審査と同じことをしており、アコムだけが審査基準が甘いと言う事は断じてないのです。当然の事ですが、債務超過している人にはお金を貸すことは出来ないです。アコムがこの様な状況の人にお金を貸しているのなら、アコムは甘いと言われても仕方がありませんが、その様な事実はないのです。

 

アコムが借りやすかったと言う部分を恐らく勘違いしてしまった結果が、アコムは甘いとなってしまったのだと思います。こればかりは致し方がないですね。イメージというのもあります。アコムは健全営業で借りやすいイメージがあるのは確かです。

 

但し、それと審査が甘いと言う話は混同されては困る話です。アコムの大原則は貸せる人には貸す。貸せない人には貸さない。当たり前の事ですが、審査に通らなければお金は1円も貸しません。最初から借りられない見込みのある人も申し込んで来ることもあれば、こんな、スーパーホワイトの25歳が申し込んで来たなど日々様々な案件と対峙しています。

 

基本は皆さん、安定継続収入がある事。これが絶対条件になります。バイトでもパートでも構いません。とにかく、毎月お給料日がある人でないと審査には絶対に通りません。ここだけはアコムとしても絶対に譲れないラインです。

  1. 最短1時間での振込が可能!
  2. 最短30分で審査結果がわかる!
  3. 初めてなら最大30日間金利0円!
  4. アルバイト・パートも申込可!
  5. 書類提出もネットでOK!

アコム公式サイトで見てみる

アコムは毎日59秒に1人の方が申し込んでいます

最速で借りるには…

  1. ネットで申込みを行い
  2. 近所のむじんくんで手続き
  3. 備え付けのATMで引き出す

むじんくんや店舗がない方はネット申込みでの振込融資が便利です