安心して利用できる消費者金融「アコム」の会社組織について

業界最大手企業であるアコムは、シェア率もナンバー1の消費者金融で当然知名度も抜群です。

 

CMでも好印象を与えることに勢力的に取り組み、好感度の高いタレントさんを使い続けてきています。現在のイメージキャラクターは永作博美さんで親しみのある、芸能人らしくなく、親しみの持てるキャラが売り物の女優さんです。彼女の起用でアコムへの企業イメージは非常に高いものがあります。

 

特にタ−ゲットにしている、初めての利用者が感じる敷居の高さをCMでかなりマイルドなものにしています。お金に困った人が、「アコムに行けば、何とかなるかもしれない・・」というイメ−ジは実際に種々の企業努力で、同業他社と比べても首一つ抜け出た様々な施策を繰り出しています。

 

業界に先駆けた試みとして「30日間無利息ローンサービス」に取り込んんだり、女性対象のカードローンにおいてもアコムの女性専用ダイヤルは、利用者の側にたっての様々なアドバイスをすることで非常に評判が良く、融資が初めての人の種々の悩みを解消してくれるです。

 

また、日本消費者金融協会(JCFA)を通し、消費者の『保護』や『利益』を図り、消費者金融サービス市場の健全な発展を目的として消費者啓発・金銭教育支援活動の一環として金銭教育教材の製作をおこなっています。

親会社の三菱UFJフィナンシャルグループとはどんな会社?アコム以外の子会社は?

2001年、当時のメガバンクである株式会社東京三菱銀行(現:株式会社三菱東京UFJ銀行)、三菱信託銀行株式会社(現:三菱UFJ信託銀行株式会社)及び日本信託銀行株式会社が合併して、株式会社三菱東京フィナンシャル・グループが生まれました。

 

その後、2005年株式会社UFJホールディングス(登記上は株式会社ユーエフジェイホールディングス)を吸収合併し、現在の商号に変更しました。株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英文社名:Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)の誕生であります。

 

子会社も同じ名前を名乗っていて、世間的にはきちんと理解が行き届いていないところもありますがその形で運用されています。

簡単に言うと三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ証券ホールディングス、三菱UFJリース、三菱UFJニコスなど主要5社が中核をなしていて、ズバリ「総合金融グループ」であり金融事業をしています。

当然、消費者金融ではアコム(持分法適用関連会社、東証一部)が担っているのです。

言い換えるとアコムという会社はそれ自体が1つの会社であり、同時に三菱UFJフィナンシャル・グループ(通称MUFG)の子会社に当たり、例えば三菱東京UFJ銀行とはこのMUFGとの関係において子会社としては、並列の位置づけになっています。

持株会社MUFGの下で、銀行、信託銀行、証券、リース、クレジットカード、消費者ローンと、6つの事業がそれぞれ個別の別の会社を形成しています。

 

アコム以外の子会社は非常に多くあり、カードを扱う会社であるならば、 三菱UFJニコス、菱信ディーシーカード、ジャックスなどがあります。それ以外に銀行としては三菱東京UFJ銀行(BTMU)、ユニオン・バンク、タイ王国の銀行で当行の完全子会社であるアユタヤ銀行、フィリピンの準大手銀行のセキュリティバンクがあげられます。

 

証券部門に関しては、三菱UFJ証券ホールディングス、 三菱UFJモルガン・スタンレー証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券、カブドットコム証券が三菱UFJフィナンシャルグループの子会社に該当します。リース部門では、 三菱UFJリース(三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社)、東銀リースとかがそれに当たります。

大手のグループだからこそ得られる安心感があります

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社であり、消費者金融の中でも最大手で消費者金融として知名度が非常に高いです。

 

会社の成り立ちとかを知れば知るほど、アコムの会社としての安心感は高くなります。大手銀行の傘下であるということから支えている組織が非常にしっかりとしているため、不安もなくなりアコムを選ぶ人は沢山います。

 

いわゆる東映Vシネマのような強面の人が対応することはまずないだろうという判断がそこにはかなりあるようです。

 

アコムは消費者金融の中を初めて利用する方には特におすすめで、消費者金融のビギナ−が申し込む方法なども簡単に工夫がされており、利便性も高いのが特徴です。

 

またアコムはきちんと登録もされているのは当然ですが登録番号も若い(登録番号:関東財務局長(9)第00022号 日本貸金業協会 第000002号)歴史のある会社です。

最速で借りるには…
  1. ネットで申込みを行い
  2. 近所のむじんくんで手続き
  3. 備え付けのATMで引き出す
むじんくんや店舗がない方はネット申し込み→振込融資が便利です

アコム公式サイトで見てみる

アコムは毎日59秒に1人の方が申し込んでいます